任意売却で借金を返済できる|業者にすべてを依頼する

住宅模型

ローン付き住宅を売るには

部屋

家を売って残債を減らす

マイホームを売却する場合、通常は不動産仲介業者等に依頼して買い手を探してもらうというのが一般的な手順となります。その場合、問題となるのが住宅ローンの返済がまだ終わっていない時の取扱いです。当然のことながら銀行等の債権者に無断で売ることができません。しかし時には、家計の事情等によってこれ以上ローンの返済を続けていくことが困難だというケースもあります。その際は、債権者の同意を得た上で売却手続きを進めることになります。このような住宅の売却方法を任意売却といいます。最近では東京などの都市部を中心に任意売却専門の仲介業者も営業を行っており、債権者との交渉を仲介したり、時には自ら物件を買い取ったりといったサービスを提供しています。

競売よりも高価格で

ところで、任意売却というからには任意でない売却形態もあるということになります。それが競売です。競売は裁判所の許可を得て行う強制売却処分で、債権者または住宅所有者自身の申し立てによって実施します。売却は一般競争入札によって行われます。これに対して任意売却では、所有者が買い手を自由に探すことができます。そのため入札方式よりも高い価格で売却し、ローン返済の負担を減らすことが期待できます。東京都内ではこの任意売却の実施件数が年々増加する傾向にあります。それは言うまでもなく、東京における住宅価格が全国的に見て高水準であることが主な原因です。つまり東京の住宅は購入時の費用負担が大きい代わり、売却する際の市中価格も高めとなります。こうした地域では任意売却の方が競売よりもメリットの大きな売却方法となります。